Closed

不動産担保ローンの審査では、職業や収入で制限がかけられることもあります。

審査は、個人事業主、法人、個人でも若干違いますが、個人で貸金業者から不動産担保ローンを利用するとなると、融資金額が大きくなりがちです。

個人で不動産担保ローンを利用する時には、総量規制の適用除外、例外といった形になります。

一般的に除外規定されているのは、住宅ローン、リフォームローン、不動産購入のためのローン、つなぎ融資の住宅ローン、不動産担保ローン、収益不動産担保ローン、不動産活用ローン、売却不動案代金返済ローン、不動案売却つなぎローン、不動産担保ローンなどがあります。

例外になるのはおまとめローンも同様です。

しかし、売却不動産代金返済ローンや、不動産売却つなぎローンを除いた他の不動産担保ローンは、不動産の担保価値だけでなく、収入証明の金額を重視しています。

返済が分割返済になるなら、月の元金利の返済は、収入からムリのない範囲で支払を行うことになります。

それに比較して売却不動産代金返済ローンやつなぎローンでは、貸付元金の返済は、担保物件の売却によるものなので、担保物件の売却価格がいくらいになるかのほうが、むしろ重要になってきます。

期間が短いローンでもあるため、利息の支払いが1年間可能であれば、それほど年収などは関係がないとされています。

ムリがなければ、この利息を一括前払いにしたり、月々利息分だけ支払うことで、支払の負担を軽減させることもできます。

◆気になるサイト⇒老後資金作りにマンション投資ってどう?:日経ウーマンオンライン【共働き夫婦のための「お金の教科書」】

Comments are closed.