不動産担保ローンのメリットのひとつが、資金の使用用途に制限がないという点です。

借入先の金融業者によりますが、中には全く使用用途を問わないという不動産ローン商品もあります。

事業主のために特化した商品を扱うところもあります。

不動産担保ローンを利用して、個人事業主の人は事業資金にするという人も少なくないです。

担保設定をすることで、まとまった額の融資が受けられますから、大きなビジネスチャンスを取り逃がすこともありません。

不動産担保ローンでは他でも、相続税などの納税費用、別の不動産のリフォームの費用、子供の教育費、そしてあちこちに散らばって管理、整理が難しいと感じているローンについて、おまとめローンでまとめて管理するなど、使い方次第でさまざまに利用ができます。

少しまとまった金額の融資を受けたい、その際、不動産を担保設定することも考えているという時には、不動産担保ローンで数社の商品を比較検討してみるといいでしょう。

その際、利息だけを単純に比較するのではなく、手数料など全体のコストをチェックすることが大切です。

不動産担保ローンは言うまでもなく不動産をローンの担保として設定します。

つまり、返済ができなくなれば、多くの場合不動産を失ってしまいます。

また、融資額が大きくなることで、ローンは長期化する可能性も出てきます。

不動産担保ローンを利用する場合は、他のローンを組む時と同様、計画的に考えて行うようにしたいですよね。

Comments are closed.