不動産担保ローンを申し込む際に条件は、申込む先の金融機関によって違いがあります。

銀行とノンバンクでも違うし、不動産担保ローン専門の会社でも違うでしょう。

たとえホームローンが残っている不動産でも、不動産担保ローンの担保に設定いて、融資が受けられるところもあれば、抵当権の種類によって、担保の設定ができない場合もあります。

抵当権は、万が一ローンの返済ができないという場合に、不動産を売却してローンを優先的に返済する権利のことです。

抵当権がついているというのは、そういう意味です。

住宅ローンのようにまとまった金額の貸付を行う場合には、ほぼ必ず抵当権が入っています。

住宅ローンがあるうちは、不動産には抵当権がついているということになります。
◆参考サイト⇒不動産取引Q&A 「抵当権の付いた物件の売買について」 – 不動産取引に関する知識

不動産担保ローンに住宅ローンの残った物件を設定する場合、問題になるのは担保の余力です。

担保に余力があれば、不可能ではないこともあります。

金融機関によって条件が厳しく定められていたり、抵当権の種類によっては、不可能であることも少なくありません。

まず、借入を行う不動産担保ローンが、第一順位の抵当権でなければ、不動産担保ローンが利用できない場合があります。

また、第二順位の抵当権でも不動産担保ローンを融資するという商品でも、担保評価を見るので、融資の上限が限られてしまうことです。

住宅ローンの残債程度の上限になってしまうと、不動産担保ローンのまとまった融資額を受けられるというメリットが亡くなってしまいます。

自分の状況の中で、できるだけ有利に融資が受けられる業者を探すことが大切です。

Comments are closed.